精子量が減った?

精子量が減ってしまうと性欲・精力も大きく低下!

精子量不足で不妊症の夫婦が増えています

セックスレスも夫婦の大問題ではありますが、実は頻繁にセックスをしている夫婦でも子供ができないと悩んでいるケースがあります。それでEDクリニック等へ行って妊活に勤しむといった話しが出てくるわけです。ではどうして日本の夫婦で妊娠率が落ちているのでしょうか?その答えの一つに、精子量が減少しているという事実があります。実は精子量が少ないと性欲・精力が大きく減退してしまいます。よく精液の量を気にする人がいますが、それは見た目の話で、必ずしも精液量と精子量とは比例の関係にありません。たっぷりの精液を射精する男性でも、サラサラと水っぽい感じならば、精子量はそれ程多くないのです。つまりドロっと濃い精子である事が肝心です。また男性不妊の原因としては、精子の質や運動性も問題にされます。射精されて子宮へ向けて泳ぎだす精子の数は何億匹にも及びますが、最終的に卵子までたどり着く精子の数はそれ程多くはありません。それは弱アルカリ性の膣内で大方が死んでしまうからです。そして自力で泳ぎ切って、更に卵子と結合する際の衝撃にも耐えなければなりません。この様に精子と卵子が無事に受精卵になるには、精子のポテンシャルがポイントです。

精子量と質についての知識

どうすれば精子量を増やし、かつ質・運動性能をアップさせる事ができるでしょうか?精子は精巣で絶え間なく作られ、それが睾丸に溜まっていきます。健康な若者ですと3日もあれば満タンになり、オナ禁を続けても夢精によって強制的に射精するシステムになっています。これは精子の寿命が短いためで、古い精子は新たな精子が増えるに従って体内吸収される様になってもいます。この様に睾丸に溜まってスタンバイをしている精子は、いつもフレッシュで元気な状態になっています。

精子生成に関わるアルギニンや亜鉛をたっぷり摂取

しかし慢性疲労や精神的なプレッシャーで体内ストレスが高い状態ですと、精子生成機能が低下してしまいます。これは男性ホルモン・テストステロンの分泌量低下と比例していて、副交感神経の不活発によって生じます。また精子はアルギニンというアミノ酸から出来ていて、アルギニン・シトルリン(アルギニンと変換関係にある)の摂取量が不足していると精子量が低下します。また性のミネラル亜鉛やビタミンEの摂取も重要で、精子量と質・活力を大きく作用します。そこで対策としては食事から摂取するか、毎日精力サプリを服用して必要量を補うのが効果的でしょう。