精子ができないという方へ

精子量をアップして快感を一気に解放させる方法

精子をつくる栄養素とは何か?

精子量が少ないと性欲が減退しますし、例えセックスをしていても勃起力が弱まります。そして何よりも射精の快感が味わえなくなってしまいます。精子が少ないと嘆くのは日本ばかりではなく、先進国共通の悩みです。それは精子を生成している栄養素の慢性的な摂取不足が原因の一つにあります。では精子は何から出来ているのでしょうか?ずばり80%がアルギニンというアミノ酸で構成されています。このタンパク質の成分アルギニンは肉や魚や豆に含まれていて、普通の食事をしていれば不足するという事はありません。しかし現代人は炭水化物と糖質ばかりの加工食品を多く食べていて、良質なタンパク質をあまり口にしていません。それでは精子がまともに作られる訳がありません。ポイントは食事の改善と、同時に不足分を精力サプリやプロテインで補給する事です。クラチャイダムやシトルリン剤の毎日服用は効果的です。

アルギニンの他にも亜鉛とビタミンEが大事!

精子の構成成分ではないですが、アルギニンから精子をつくる時には亜鉛とビタミンEが欠かせません。まず亜鉛は精子生成の酵素となる男性ホルモン・テストステロンの分泌を活性化し、アルギニンの結合作用に働きかけます。そしてビタミンEは、精子生成を阻害する活性酸素を分解して精子生成率を高めるのです。こちらも精力サプリにはお馴染みの成分ですが、単体のサプリで補充するのも良いでしょう。それからリコピンやカテキンなども活性酸素除去に有効ですので、それらを含む食材を習慣的に食べましょう。また水溶性食物繊維で精液を増やしましょう。精液のネバネバは水溶性の食物繊維から作られます。

加工食品はできるだけ控えましょう

先にも延べましたが、現代人の食事は性機能にとって危険そのものです。まず人工添加物の多い加工食品は避けましょう。レトルトや冷凍、インスタントの食品には炭水化物と糖質ばかりで毒性が高く、また精子生成を始めとした新陳代謝に必要な栄養素があまり含まれていません。また人工添加物は一旦吸収されると老廃物として排出され難く、性機能の器官を劣化させていきます。これが現代人がセックスレスになる最も大きな原因です。タンパク質やミネラル・ビタミン豊富で安全な食材で自炊をして、アルギニンなどのアミノ酸や亜鉛やビタミン群をしっかり摂る食習慣に変えると良いでしょう。また精子は睡眠中の夜に造られますから、睡眠も非常に大切です。もちろん運動をしたり疲労を解消したりする事も精子量をアップさせ、精力増強には有効です。