精子量を増やすには

精子量を増やすために3つの努力を心がけましょう

第1の努力:食習慣から見直してみましょう

精子の80%はアルギニンというアミノ酸から出来ています。このアルギニンはタンパク質の構成分子で、肉や魚や豆類に高質なアミノ酸がたっぷりと含まれているのです。では最近の日本の食習慣はどうでしょうか?殆どが炭水化物を含む糖質、そして酸化した植物性脂肪酸、後は体内分解が不可能な化学合成の添加物から作られた加工食品や大量生産のお弁当・惣菜になっている事でしょう。つまりファーストフードやコンビニ弁当、それにインスタントやレトルト・冷凍などの加工食ばかり食べているので、精子を始め体を作るためのアミノ酸摂取量が慢性的に不足しています。そこでケトンダイエットを見習って、炭水化物・糖質の摂取を今の半分以下にします。その分たっぷりとタンパク質と良質な脂肪を摂る様にしてみてください。その際は野菜や豆類、海藻類も増やして亜鉛やビタミンEも積極的に摂るべきです。これらの栄養素が精子量を増やし、性機能を改善させる中心メンバーなのです。

第2の努力:睡眠の改善をして行きましょう

夜遅くまで外で遊んでいるとか、ネットサーフィンにネットゲームで夜更かしをする習慣が、あなたの精力を減退させています。精子・精液は睡眠時の副交感神経が活性化している時間帯で作られています。もちろん体内器官の修復・回復も同様です。それにも拘わらず、12時を過ぎても遊んでいる様な方は精力が減退しても当然でしょう。そんな方の場合、いつ精子が生成されると言うのでしょうか?この点で多くの方が、見当違いの判断をしています。優先順位は目先の快楽や生活の糧を得る仕事で、自分の健康はいつも後回しにされがちです。性機能は最もデリケートな部分で、精神的な不健康さだけでもED化してしまいます。厳しい言い方をしますが、健康に明るい生活を楽しみたいのであれば、先の食習慣と睡眠の確保は絶対です。

第3の努力:ストレス・慢性疲労の解消に努めましょう

疲れているのは仕方がありません。人間関係や欲求不満でストレスを抱えてしまうのもよくある事です。ですが、それが精力・精力を奪っています。何故ならば男性ホルモンの分泌不足が生じて、それで精子量が減少するからです。最悪の場合ED・インポにまで発展します。男性にとってEDは最悪です。どんなにお金持ちでもイケメンでも、生きがいややりがいがスッ飛んで、自信喪失で苦しむ事になります。そうならない為にも心のケアをしっかりしておきましょう。