元気な精子を大量につくるために心がけたい習慣

性欲・精力アップには精子を元気にする事がポイント!

精子量を増やすには男性ホルモン・テストステロンの増加から

体の元気と比例して、精力も変化していきます。その大きな原因が、どちらも男性ホルモンの分泌に左右されるからです。つまり男性ホルモンの分泌が活発であると、体中の器官・機能が回復しますが、反対に分泌が減少すると機能障害に陥る様になっています。特に精力を決める精子の元気度は、男性ホルモンのテストステロンの分泌に掛かっています。そこでテストステロンの分泌を高める方法としては、まず食事の改善が有効です。ポイントは適度な運動をし、体脂肪率を抑えながら十分なカロリー摂取を心がける事です。炭水化物中心の食事はNGで、質の良いタンパク質からエネルギーを摂る様にしましょう。ホルモン分泌で肝心なのは赤身や魚を中心に食べる事です。そして脂身は控えましょう。もっとはっきりと言えば、アルギニンの定期的な摂取が好ましく、精力サプリの服用が効果的でしょう。そしてビタミンEとCが決め手になります。精子生成過程では活性酸素が妨害しますから、活性酸素を除去する抗酸化力の高いビタミンEとCは欠かせません。

新陳代謝を高めるために筋トレを行いましょう

男性ホルモンは筋肉を造る際にも大量に分泌されます。そこでお勧めなのがスクワットの様にどこでも簡単にできる筋トレ法です。どんな方法でも良いですから、毎日定期的に行って筋肉量を徐々にアップさせると良いでしょう。プロレスラーやアスリートが精力旺盛なのは筋肉隆々であるからです。そして体脂肪は標準値まで落とすと更に精子が元気になります。特に下腹部の脂肪が多いと、下半身でのホルモン分泌が弱くなってしまいます。反対に脂肪率を低下させるとホルモン分泌が活性化して、ホルモンは脂肪燃焼効率を上げる為に、相乗効果でスリムなボディが手に入るのです。

快眠を日常化し、ストレスを溜めない生活習慣を!

ストレスだらけで、しかも不規則な睡眠で疲労を溜め込んでいる人はEDになる確率も非常に高く、精子の活力はどんどんと低下してしまいます。そこでまず、寝る事に貪欲になってください。『寝る子は育つ』という様に、快眠の習慣で副交感神経が活発化し、成長ホルモンや性ホルモンがたっぷりと分泌される様になります。そして精神衛生状態をケアしましょう。思い煩いはハゲだけでなく、インポ・EDになる大きな原因です。この様に、普段の生活スタイルを改善する事で精子が元気になり、性欲・精力の回復が期待できます。